ザ・グレート・ムタ2022(ヒガンテ・ヘザーブラック)

型番:T-1915HB

4,400円(税込)

1604,400円(税込)
売り切れ
S
M
L
XL
XXL
サイズ
購入数

80年代中盤に起こった新日本プロレスの大量離脱。
長州力率いるジャパンプロレス、ユニバーサル・プロレスリング(旧UWF)。

アントニオ猪木の元に残ったのは坂口、藤波、木村と僅かなベテラン勢と実績のないヤングライオン達。
その中に若き日の武藤敬司もいた。

柔道の実績と、恵まれたルックス、天才的な動きなど
早くも彼は上層部から期待されていた。

武藤は僅か5か月という異例のスピードでデビューし、一年後にはもう海外武者修行の道へと進んでいたのだ。

修行先はフロリダ。
そこでアメリカンスタイルを身に着け武藤は躍進した。

半年後、日本のマットに立った武藤は新人とは思えない動きや
ポジションで大量離脱で下降気味の新日本に新風を巻き起こした。

そして1988年。
二度目の海外武者修行へと出発。
プエルトリコで「ブラック・ニンジャ」となり混沌とする同マットを席巻した。

有明での一時帰国を挟み、再びアメリカに戻るとダラス地区へ転戦。
そしていよいよNWAでグレート・ムタへと変身するのだ!

マネージャーにゲーリー・ハート、顔面にペイントの忍者スタイルは全米中の度肝を抜いた。

新日仕込みの確かなスタイルに驚愕の立体殺法。
ムタはすぐにトップ前線で活躍するようになり、
リック・フレアー、スティング、テリー・ファンクと並び当時の4強にまで上り詰めた!

今回のハードコアチョコレートとのコラボは日本に定着したムタに焦点を当て、
より深くグレート・ムタの魅力に迫る!

グッと渋いカラーニング、悪魔相でコーナーで様子をうかがうムタはオリエンタルムード満点!
再び登場したコアチョコ×ムタTシャツ!ファンなら永久保存だ!!!

(Tシャツカラー:ヘザーブラック プリントカラー:ホワイト)

160:着丈63cm×身幅46cm
S:着丈66cm×身幅49cm
M:着丈70cm×身幅52cm
L:着丈74cm×身幅55cm
XL:着丈78cm×身幅58cm
XXL:着丈82cm×身幅61cm
※店舗等でも同時に発売している為、在庫切れの場合もございます。ご了承ください。
サイズ
1604,400円(税込)
売り切れ
S
M
L
XL
XXL

グループリスト