天龍源一郎/MEMORY OF SWS(越前闘会始ヘザーブラック)

型番:T-1947KK

4,400円(税込)

S
M
L
XL
XXL
サイズ
購入数

日本が誇るミスター・プロレス天龍源一郎!

角界から76年に全日本プロレス入り、
即渡米してファンクスのアマリロへと修行へ旅立つ。

現地デビュー、日本デビューを終え再び渡米。
エディ・グラハムのCWF、ジム・バーネットのGCW、ジム・クロケット・ジュニアのMACWなど、
NWAの南部テリトリーをヒールのポジションで転戦する。

帰国後は人間風車ビル・ロビンソンのパートナーに抜擢、
グングンと頭角を現し「全日本プロレス第三の男」として注目をされる。

NWA世界王者リック・フレアーへの挑戦、テッド・デビアス、リッキー・スティムボートなどとの
UN王者を巡る戦いでそのポジションは盤石のものとなる。

ジャンボ鶴田との鶴龍コンビも我々の心に残っている。
なにせ当時の世界最強タッグリーグ戦は世界の強豪の祭典。

ハンセン&ブロディ、ファンクスにマスカラス兄弟、レイスにニック、
そしてジャイアント馬場など錚々たるメンツ。

ここでミスター・プロレスの礎となる帝王学を学ぶ。

覚醒となったのが長州力率いるジャパンプロレス軍の参戦。
ハイスパートと呼ばれた新日本スタイルとの遭遇、
闘志を燃やして食らいつく天龍の姿はもう第三の男では無かった。

長州力離脱後は、盟友・阿修羅原との天龍同盟を始動。
地方でも全力で戦うスタイルに多くのファンが魅了された。

対戦相手も光らすのが特徴で、鶴田、輪島など
旧全日的なスタイルなレスラーに対する激しい攻撃は当時のプロレス界でも
トップクラスの迫力だった!

ハードコアチョコレートとのコラボはその後の天龍を追い、SWSに転じた姿を。

いわれなき中傷、週刊プロレスのバッシングで憤慨する天龍の姿をバックプリントに。
今思えばワクワクしかない新団体だったのに、
俺たちは週プロに扇動されて大好きな天龍を誤解していたのだ!

今回のSWSコラボは、あの時の思いに対して、懺悔の気持ちをデザインに込めたのだ!
今こそ着ようレボリューション!今こそ着るぞSWS!スポーツライクなプロレス大歓迎!
ファンならマストで買うでしょう!

(Tシャツカラー:ヘザーブラック プリントカラー:ホワイト)
S:着丈65cm×身幅49cm
M:着丈69cm×身幅52cm
L:着丈73cm×身幅55cm
XL:着丈77cm×身幅58cm
XXL:着丈81cm×身幅63cm
※店舗等でも同時に発売している為、在庫切れの場合もございます。ご了承ください。
サイズ
S
M
L
XL
XXL

グループリスト