越中詩郎/平成維震軍(反選手会ブラック)

型番:T-2054EM

4,400円(税込)

S4,400円(税込)
売り切れ
M
L
XL
XXL4,400円(税込)
売り切れ
サイズ
購入数

侍・越中詩郎!

全日本プロレスからメキシコに渡り85年に新日本プロレスへ移籍。
当初はスタイルの違いに悩まされたが、旧UWF軍団の参戦によって運命が変わる!

IWGPジュニアヘビー級王座を巡って高田伸彦と抗争を展開。
打の高田に対し、防戦一方で耐える越中の姿がファンの共感を呼んだ。
一連の抗争はやがて名勝負となり大人気を獲得。
ド演歌ファイターとも評され完全に新日本のリングと同化した!

その後はヘビー級転向などで燻っていたが、青柳館長率いる誠心会館とのイザコザで再び注目を浴びる。
抗争は一応の決着をつけたが選手会と揉め大問題に。
そして小林邦昭と「反選手会同盟」を結成し誠心会館勢も合流、本隊と抗争を展開する事になる。

その後、天龍源一郎のWARと新日本が対抗戦をやる事になり​先に反選手会同盟が乗り込む。
その抗争は熱いものとなり越中らは天龍と互角の勝負をする事となる!
メンバーも徐々に増強、名前もやがて「平成維震軍」としていよいよプロレス界の中心ユニットとなった。

感情むき出しのファイトスタイル、ヒップアタックなど独特の戦いっぷりに説得力のあるパワーボムなどのフィニッシュ。
会場人気も抜群で、G1クライマックスなどでは度々番狂わせ的な勝利も多く、心をわしづかみにされたファンも多いはずだ!

越中詩郎×ハードコアチョコレートは、そんな平成維震軍時代の越中にフォーカスを当てた。
サムライをイメージしたホワイトと、スキンヘッド時代のブラックTシャツ。
躍動感のあるバックプリントも最高だ!
90年代プロレスファンはマストバイな越中Tシャツ決定版!
コレを着てサムライ魂を燃え上がらせろ!

(Tシャツカラー:ブラック プリントカラー:ホワイト・ゴールド)

S:着丈65cm×身幅49cm
M:着丈69cm×身幅52cm
L:着丈73cm×身幅55cm
XL:着丈77cm×身幅58cm
XXL:着丈81cm×身幅63cm
※店舗等でも同時に発売している為、在庫切れの場合もございます。ご了承ください。
サイズ
S4,400円(税込)
売り切れ
M
L
XL
XXL4,400円(税込)
売り切れ

グループリスト